1バイト文字圏のメンバーも含め積極的な議論進む--日本語EPUB仕様策定の現場

海上忍
2010-06-18 20:45:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三瓶:メーカー勤務時代に標準化作業にかかわったことがある自分の経験からしても、そういった印象はありますね。日本ですと、「オレの商売に関係ないのであればやりたくない」的な雰囲気になりがちですが、そうはならないのですよ。世界標準規格ということを認識してか、メンバーは大局的に物事を判断し、しかも一緒に汗をかいてくれるという雰囲気があります。

高瀬:(EPUBの標準化を推進する)IDPFの議事録を振り返りますと、EPUBを担当しているLiza Daly委員による「EPUBは縦書きを実装すべきではないか」という主旨の発言が残っています。その当時、日本側からの積極的なアプローチはなかったにもかかわらず、ですよ。

三瓶:海外某大手IT企業のメンバーから、(縦書きは)後回しにしようという主旨の発言も過去にありましたが、それでもサポートすべきだ、と粘り強く主張してくれるメンバーも存在するのです。1バイト文字圏のメンバーはこうだ、と一括りにはできませんね。

海上:日本語要求仕様を受けたEPUB標準化の今後ですが、EPUBは基本的に(W3C主導の)XHTML+CSSで構成されるということもあり、CSS3の仕様を固めてから、という理解でいいのでしょうか? それとも、EPUBが先行する可能性があるとか?

高瀬:CSS3の仕様を固めてから、という流れがキレイなのでしょうね。日本の場合、CSS3の仕様策定に関与している村上さんがEPUBの日本語仕様にも関わっていますから、進む方向に差は生じませんが、足並みを揃えるということは意識しています。現在はエディターズ・ドラフトの段階にあるCSS3のテキストレイアウトを早期に完成させ、それをEPUBが取り込む、という形が理想的だと思います。EPUB先行は……ないとは言い切れませんが、とりあえず過去の事例としてはありません。

 今回の話をまとめますと、日本語要求仕様をCJK要求仕様へと発展させ、それをCSS3のテキストレイアウト策定作業に反映させる、という流れで「EPUBの日本語対応」(縦書き、ルビ対応)は進む、ということになります。IDPFは、2010年中に策定予定のEPUB 2.1において、アジア諸言語向けの組版に対応することを指針として打ち出していますから、8月に日本で開催予定のCJKによる会合を見守りたいと思います。

  • コメント(3件)
#1 unakami   2010-06-18 23:05:31
アクセスありがとうございます。

実はこの取材のあと、縦書きに関する流れが変わりました。
もはや楽観できない状況のようで……そのあたりを識者に
取材してまとめてみたいと思います。
#2 anonymous   2010-06-20 00:16:54
1バイト文字圏とひとくくりにするのは確かにまずい。この記事のタイトルには
反対です。

亡くなった樋浦さん、その他に小林さん、桧山さん、私が参加した座談会が昔ありました。その
ときの記事をまとめた西村さんは、こう書きました。「16ビットで足りると主張したのが漢字を知らない
非漢字文化圏の人間の持った幻想であるというなら,同様の論理で,固定長コードで
多言語処理ができると考えるのは,いくらかの欧米言語と自国言語しか知らない漢字文化圏
の人間の持った独善的な幻想である。」

村田 真
#3 unakami   2010-06-20 08:44:03
村田さん、こんにちは。

タイトルは著者が付けるものではありませんので、私の一存ではどうにもなりませんが、貴重なご意見として受け止めさせていただきます。

というより、本文で「1バイト文字圏」と一括りにしていますので、問題はそちらですね。ただ、かぎられた文字数で「あちらとこちら」を分けるとき、便利な言葉であることは確かです。今回のテーマは文字コードではなくEPUB、ということもあります。どこかで線を引かないことには、非常に読み難い諄々とした文章になります。

このあたりの事情を啓蒙するといった観点からも、先日Twitterで連絡させていただいたとおり、ぜひ取材をお受けいただきたいと思います。昨晩ツイートされていたように、私としても「標準化の修羅場と日本の無理解」をメインにお話をうかがいたいと考えています。

ところで、読者の皆さん、村田真さんはIDPF EPUB 2.1 WGのEnhanced Global Language Support Subgroupのリーダーで、標準化の作業に当たられている方です。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]