EPUBフォーマットでの電子書籍の出版に取り組みます

海上忍
2010-02-22 21:19:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 巷で話題の「電子書籍」。たとえ最新のIT事情に通じていなくても、新聞をひととおり読む御仁に聞けば、PCや携帯電話で見るアレでしょ? などという答えが返ってくるに違いありません。しかし、電子書籍ってなんでしょう。デジタル化された文字情報? 読めればいい? ページをめくれればいい? 流通はどうなっているの? 作り方は?

 それぞれ明確な答えはいまだ出ていませんが、1つ確実なことがあると思います。それは「フォーマットがオープンであること」。オープンであれば、自由に作成し再配布することができますし、それを作る道具をこしらえることすら可能です。著作権保護に関する話は置くとして、フォーマットがオープンでなければ「紙とインク」を継ぐ存在にはなりえないでしょう。

 

 本連載では、私こと海上忍が「電子書籍」の制作に取り組みます。テンション高めで行きますよ!……とはいえ、前述のごとく定義さえあいまいな概念のこと、まったくの手探り状態からのスタートです。知っている知識をもとに解説を加える、という大上段に構えるスタンスではなく、試行錯誤の結果を報告する場とでもいいますか、読者の皆さんとともに模索する場とでもいいますか。行動指針とでもいうべき事柄を文章にまとめてみましたので、まずはご一読ください。

電子書籍を出します

 電子書籍のつくりかたをレクチャーするのではなく、自分が電子書籍を出版するにあたってのプロセスを公開というスタンスで臨みたいと思います。現時点で内容は決めていませんし、文字が大半を占める単行本風にするか、図版を多用し凝ったレイアウトの雑誌風にするかは決めていませんし、名義が自分1人なのかどうかすら白紙の状態です。流通経路もまったくの未定ですが、「商業レベルで通用する電子書籍を制作する」という目標は明確です。

フォーマットは「EPUB」にします

 フォーマットは「EPUB」でいこうと考えています。Amazonで採用されているフォーマットの「Topaz」など、他形式を選択肢から外したわけではありませんが、二者択一の状況に置かれた場合はよりオープンなほうを選ぶ、というポリシーで臨みます。基本的にハードウェア非依存であるべきとは思いますが、現時点ではGoogleブックスとApple iPadが念頭にあることを告白しておきます。

各方面に取材します

 電子書籍を出すにあたり、著作権保護などの法務関係、XHTML/CSSの扱いを中心とする技術関係、販売方法やマーケティングを考える流通関係の3つについて、しっかり考えをまとめておかなければなりません。該当分野の識者や関係者に話を聞き、今後に生かしていきたいと思います。

コメントください

 builderでは、掲載された記事にコメントという形で読者が参加できます。ぜひご意見、ご感想を寄せてください。ただし、コメントは必ずログインした状態でお願いしますね。Anonymousでの発言を許容すると、議論があったとき当事者以外は意味不明になりかねませんから、内容にかかわらず原則スルーとさせていただきます。Twitterでの報告も考えていますが、使用するアカウントやタグについては、また後日お伝えします。

 なにやら抽象的な内容となってしまいましたが、初回に指針を示すことで連載の位置付けが明確となり、私にとっては背水の陣となります。それなりの覚悟を持って臨みますので、ご支援のほどよろしくお願いします。

  • コメント(3件)
#1 メタボウ   2010-02-24 07:09:40
都内の会社で電子書籍の仕事をしております。ePubについては、昨年から勉強をしてきているのですが、勉強すればするほど、こんがらがってきています。フォーマットとしてのePub, ビューア側の処理、DRMの問題、縦組み・フォントの問題などePubが日本で普及するには、まだ時間がかかる気がします。

ePubにとらわれずに、著者様にはぜひ電子書籍を実際に出して、その過程を記事にしていただき電子書籍市場をより活性化していただきたいと思います。頑張ってください。
#2 unakami   2010-02-24 20:49:54
メタボウさん、はじめまして。

現在進行形のドキュメンタリーとしてお読みいただければ、と思います。ご支援・ご声援よろしくお願いします!!
#3 anonymous   2010-08-26 10:46:56
私も電子出版したいものがあるのですが、 出版社に依頼するとたかいので 全部自分でやりたいのです。 この企画応援させてください。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ