Apacheソフトウェア財団、Bitcoinで寄付を受け付け

ZDNet Japan Staff
2014-09-04 14:57:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Software Foundation(ASF)は米国時間9月2日、仮想通貨システムのBitcoinで寄付を受付開始したことを明らかにした。

 ASFの寄付ページにBitcoinアドレスが掲載されている。

 これまで同団体は小切手の物理的な受け渡しや、Amazon PaymentsやPayPalによる電子決済、そして米国のCar Donation Charities Centerへの車の寄贈という形で寄付を受け付けてきた。

 Bitcoinを受け付けるようになったきっかけは、8月26日に、Bitcoinでの寄付を受け付けてほしいと希望するメールを受け取ったことだという。Bitcoinウォレットを開設してから48時間以内に90以上のトランザクションがあり、9月2日のレート換算で2600ドル以上に相当する寄付があったと、同団体は述べている。

 ASFでは、ボランティアの開発者らが、200以上のオープンソースのプロジェクトやイニシアチブに取り組んでいる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]