「サンタは今どこ?」--サンタ追跡プログラムの裏側に(ほんの少し)迫る

田中好伸 (編集部)
2012-12-21 17:32:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 いよいよクリスマスがやって来る。世界中の子どもたちが1年間待ち続けたビッグイベントだ。しかし不思議なのは、サンタ・クロースがいかにして世界中の子どもたちにプレゼントを届けるかということだ。しかも一晩で。

 そうした疑問を持っていた筆者にとって、またとないチャンスが訪れた。サンタ・クロースが乗っているソリを引っ張るトナカイの話を聞く機会に恵まれた。彼は匿名であることを条件にその一部を語ってくれた(彼は仲間からは“赤鼻”と呼ばれているという、以下が彼のコメント)。

 やぁ、みんな! もうすぐクリスマスだよね。よい子のみんなにプレゼントを届けたくて僕たちもワクワクしているよ。エルフたちもニコニコしながらおもちゃを作っているよ。みんながどんな笑顔でプレゼントを開けてくれるかを想像すると、ニコニコしちゃうんだって。

 そうそう、みんなは僕たちがどうやってプレゼントを届けるか知ってる? それを教えてくれるのが、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の「NORAD Tracks Santa」だよ。もう50年以上毎年僕たちを追跡しているんだ。

 50年以上前によい子のみんなに「サンタへの直通電話」っていう電話番号が広告に載ったんだけど、何とその電話番号は中央防衛航空軍基地(CONAD=NORADの前身)にいる司令官っていう偉い人に直接つながる番号だったんだ。

 もちろん、よい子のみんなはサンタとお話ししたくて、電話をかけるよね。

 そしたら、Harry Shoup大佐っていうオジサンが、部下の人にサンタがどこにいるかを調べさせてくれたんだ。それから毎年、NORADの人たちは僕たちがどこにいるかをみんなに教えてくれているんだよ。

 NORADの人たちはレーダーと人工衛星、カメラ、ジェット戦闘機で僕たちのことをみんなに教えてくれているんだ。僕の赤鼻から赤外線が出ていて、それで人工衛星が僕たちの位置が分かるんだって。スゴイよね。

 そうそう、初めてジェット戦闘機を見た時は僕たち、ビックリしちゃった。だって、同じスピードで飛んでいるんだよ、ホントに。サンタ・クロースも驚いていたよ。

 最近は、サンタ・クロースとNORADの人たちは映像会議システムって奴でお話しして、どんな風に飛ぶかをきちんと決めているんだって。スゴイよね。

 僕たちの様子はウェブサイトでも見られるけど、電話でも教えてくれるって知ってたかな? 「010-1-719-556-5211」(編集部注:米国への国際電話)にかけると、僕たちの位置を教えてくれるんだ。うまくいけば、日本語でも教えてくれるみたいだよ。12月24日4時(編集部注:日本時間では12月24日20時)から追跡してくれるんだって。

 1200人のボランティアの人たちが、電話でみんなの質問に答えてくれるんだ。去年は世界から10万件以上の電話がかかってきたんだって。この電話の仕組みはAvayaっていう人たちが支えてくれているんだってサンタ・クロースが教えてくれた。

 日本だと今年は12月24日は休みなんだってね。お父さんやお母さんにお願いして、僕たちがどこにいるか教えてもらってね。Twitterでも、教えてくれるんだって。

 あ、そろそろ帰らないと。サンタ・クロースからFacebookで「もう戻りなさい」だって。

 おっと、大事なことを忘れるとこだった。

 クリスマスの朝にみんなが開けるプレゼントは、よい子にしてたからサンタ・クロースからもらえるんだけど、その中には大事なものが詰まっているんだ。

 それは、お父さんやお母さん、周りの大人たちからの「生まれてきてくれてありがとう」「生きてくれてありがとう」っていう気持ちだよ。

 じゃあ、みんな、よい子にして待っててね~。

  • コメント(1件)
#1 家なき子   2012-12-22 06:32:48
赤鼻のおじさん、
凄~いお話ありがとう!
とっても勉強になりました。
いろんなことを教えていただいて赤鼻のおじさん、ありがとう。
でも、クリスマスの朝にサンタさんからのプレゼントが貰えなかった良い子のお友達は、お父さんやお母さんや周りの人たちから「生まれてこなかったら良かったのに」って思われていることになっちゃうの?・・それって、すっごく寂しいよね・・・仲良しのテルちゃんのお父さん、だいぶん前にお仕事やめさせられちゃったんだって、それで今年はサンタさんが来ないかもしれないって言ってたから。
でもテルちゃんはとっても親切なお友達だから、【サンタさんのプレゼントが来なくっても、お父さんもお母さんも「うまれてきてくれてありがとう」って思ってくれてる】よね、きっと。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ