プログラマーになるための5つのヒント

文:Justin James(TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎
2010-02-19 15:55:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミング以外の開発関連職についても検討する

 開発チームには、実際の開発業務を手がけない立場も多くあるが、これもゴールに近づく助けになる。例えばQAやテスター、維持管理、サポートなどの業務がある。必要であれば、これらの職に就いて開発業界に足を踏み入れ、プログラミングに携わる方法を探すと良いだろう。例えば、QA担当者であれば、ただ単純にバグを見つけて報告するだけでなく、コードを調べてそのバグがどこで生じているかを見つけ、それをチケットに書いておくということもできるだろう。開発者はその手助けを評価してくれるだろうし、自分の価値が証明できれば、扉は開くだろう。

雇い主のために副業をする

 あなたの経験水準では、副業の仕事を見つけることは難しいだろう。しかし、今の雇い主のために副業をすることは可能かも知れない。上司や同僚と話をし、日常業務を楽にするための簡単なプログラムがないかを聞いて、そのソフトウェアを書いてみるといいだろう。もし社内開発チームがあれば、手助けを申し出てもいいかもしれない。マネージャーによっては、それを平常業務として認めてくれる場合もあるだろうが、その業務は自由時間にやるようにと命じられることもあるだろう。どちらにせよ、それによってあなたは開発経験を得ることができ、現在の雇い主にとってのあなたの価値を上げることができるし、現在の組織内で新たなキャリアパスが開ける可能性もある。私のキャリアでも、キャリア開発や方向転換の場面では、「一歩先に進む」ことがゲームを変えたことが何度もあった。

 このアドバイスが役に立つとよいのだが。幸運を祈る。

 以下に、参考になりそうな他のTechRebpulicの記事を挙げておく。

 もしプログラミングに関する質問があれば、フォーラムに投稿して欲しい。記事の中で質問に答えた場合は、掲示板にその記事のURLを投稿する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]