どの言語を学ぶべきか迷っているあなたへ--新人プログラマーへの助言

文:Justin James(TechRepublic) 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-12-04 10:10:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何を作ろうとしているか

 もし特定の種類のアプリケーションを念頭に置いているのであれば、それも学ぶプログラミング言語の選択に影響してくる。一部のプログラミング言語は、他の言語よりも一部のアプリケーションに向いている。例えば、もしウェブアプリケーションを作ろうとしているのであれば、選択する言語がそれらのアプリケーションで使えるものであり、そのシナリオのためにデザインされたものであることを確認すべきだ。サーバ上でCGIモデルを使ってアプリケーションを作るのであれば、ほぼどんな言語でも開発に利用できるが、少し調べれば一部の言語は他の言語より適していることがすぐに分かるだろう。

 これは部分的には、ツールセット、フレームワーク、ライブラリの問題だが(手作りでHTTP接続の処理を行わなければならないかどうかは、言語の選択とは関係がない)、プログラミング言語も大きな役割を果たす。多くの開発言語が成功したのは、特定の種類の開発を非常に簡単にしてくれる、少数の機能のためだ。

 自分が作ろうとしているものに似たアプリケーションを探し、それらの開発者がどの言語を選択しており、なぜその言語を選んだのかを調べてみるといい。これで、学ぶべきプログラミング言語に関する洞察が得られるだろう。

手垢の付いていないものを使いたいか

 あまり使われていないプログラミング言語を使うこともできる。個人的な開発についてはこれは問題にはならないが、多くの開発環境では、主流ではない言語はリスクと見なされる。主流ではない言語を専門にすることは、仕事の選択の幅を狭めるし、上司はその言語でプロジェクトを進めることに賛成しないかもしれない。

 同様に、人気のないプログラミング言語を学ぶことには大きな価値がある。1つには、非常に高級なスペシャリストコンサルタントへの道が開ける可能性がある。また、1つ言語を学ぶごとにプログラミングについて何かを学ぶことができ、これは日常的に業務で使う言語でなくても同じだ。

結論

 新しいプログラミング言語を学ぶことは非常に実りある経験になり得るが、時間を無駄にしないことも重要だ。ニーズにあった正しいプログラミング言語を選ぶのは簡単ではないこともあり、どんな言語を学んでも、その言語には好きになれないところがある可能性が高い。しかし、この記事で述べたヒントに従えば、自分のニーズとゴールに合ったプログラミング言語の選択について、よりよい判断ができるはずだ。

 あなたなら、新人プログラマーが言語を選ぶ際に助言するなら、どんな条件を挙げるだろうか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]