楽天流、人材・組織づくりの極意--教えるのではなく、気づかせること

大川淳
2009-09-04 12:27:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 パソナテックが開催した「グローバル時代を生き抜く『人材・組織×IT』戦略カンファレンス」で、楽天 取締役 常務執行役員 開発部担当役員の杉原章郎氏は、「楽天流・エンジニアがイキイキと働ける環境作り」との表題で講演した。

 楽天では、エンジニアをいかに活用し、ビジネスに活かしてきたのか。また、エンジニアが最大限に力を発揮できる環境、組織づくりなどについて、同社の事例を交えて説明した。

あなたの成長と会社の成長は一体だ

楽天 取締役 常務執行役員 開発部担当役員 杉原章郎氏 楽天 取締役 常務執行役員 開発部担当役員 杉原章郎氏

 杉原氏は、「ネットベンチャーというと、なにか怪しくて悪いイメージがあり、会社としてちゃんとしていないと思われているかもしれない」と述べた上で、「意外かもしれないが、楽天はベンチャー上がりにしては、企業文化づくりをかなりやっている」と述べる。

 楽天では月曜日の午前8時から1時間、全社員の情報共有朝会を開き、その後に全社員総出でオフィス清掃を行う。

 楽天は「コミュニケーションの基本は挨拶」だとしており、「人と社会を(ネットを通じて)エンパワーメントし、自らの成功を通じて社会を変革し豊かにする」との理念を持っている。さらに、容易には達成し得ない大きな数値目標を掲げ、どうしたら実現できるのか考えるのだという。

 楽天のこうした文化では、「単なるアイデアだけではそれほど尊敬されない。それを具現化する能力、それを率いる能力が尊敬される」という。そこで、アイデアを形にするために目標を立てる。

 「目標を実現するには、今の自分を把握して、どうすればいいのかを考えてみる。目標達成までの工程を割り算すると、1年で達成しなければならないことが、どのくらいなのかわかる。目標が高いと、実際にはとても1年でできるはずもないような数字が出るが、それに向かって一人一人がレベルを上げなければならない。どれだけの意欲を持てるかどうかにかかってくる」ことになる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ