フォトレポート:「Windows 7」デスクトップへの道--初期デザイン案と歴代Windows

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル
2009-04-02 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 7のデスクトップ設計の進化を画像でたどる。ラスベガスで開催されたMIX 09で、マイクロソフトのデザイナーが、手描きによるWindows 7デスクトップのデザイン案や、歴代Windowsのインターフェースを紹介した。

提供:Ina Fried/CNE

 Microsoftは2007年2月のこのプロトタイプで初めて、プレビューのメカニズムにウィンドウ自体を使うというコンセプトを採用した。ウィンドウが「バットマン」風のスポットライトでタスクバーとつながっている。Hoefnagels氏は、この方法だと、たとえ2つの文書が長いテキスト文書でも簡単に区別できたと述べている。

 同氏は「われわれはこのアイデアにかなり満足していた」と言う。しかし、Windowsの組織全体にロールアウトしたところ、マウスが偶然画面の下部に置かれたときに、非常に気が散ることが分かったと言及した。

フォトレポート:「Windows 7」デスクトップへの道--初期デザイン案と歴代Windows 文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]