フォトレポート:宇宙望遠鏡「Kepler」のミッションと装備--地球型惑星を探査

文:Jonathan Skillings(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル
2009-03-23 07:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙望遠鏡「Kepler」が米国時間3月6日夜、ケープカナベラルから打ち上げられた。そのミッションは地球型惑星の探査だ。ここでは、Keplerの一部、搭載されているCCDや主鏡、そして打ち上げ前の点検の模様などを紹介する。

提供:NASA

 地球以外に生物が存在するのかという疑問は、人類が最も古くから向き合ってきた問題の1つである。米航空宇宙局(NASA)は、宇宙望遠鏡「Kepler」がその答えを見つけてくれるのではと期待している。Keplerは米国時間3月6日夜に発射され、銀河系へのミッションについた。

 NASAによると、Keplerは地球型惑星、つまり「表面で水が液体の状態を保つことができる温暖な領域で、太陽のような恒星の軌道を周回する岩石の多い惑星」を探索するという。言い換えれば、生命が存在する可能性のある惑星を探す。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ