解雇通知を受け取ったら・・・検討すべき6つの交渉

文:Toni Bowers 翻訳校正:石橋啓一郎
2009-02-10 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 「I Didn't See It Coming」の著者であり、プロフェッショナルと起業家のための知識ネットワークであるTheGuruNation.comの共同設立者であるAmy Dorn Kopelan氏は、解雇通知を受け取った人々にいくつかのアドバイスを与えている。

 Kopelan氏は、「選択肢がないかのように、ただ辞めていくことはすべきではない。転職までの時期を遅らせ、次の仕事を得るための手段を求めるべきだ」としている。以下では、解雇されようとしている際に行う検討すべき6つの交渉を示す。

1) 休暇と、数週間の有給の地位との交換を申し出る。

2) 給料を半分にすることを申し出る。一部の人は、それでも毎日働く場所がある方がよいと考える。

3) 存続しているチームとミーティングを持つ。退職前に、彼らに対し助言と指導を与える。

4) 退職前に、上司から推薦状を出してもらうよう求める。

5) プロジェクト業務を請け負う。この形態では会社は医療給付を行う必要がないため、それがプラスに働く。

6) トレーニングや整理統合の支援の提供を申し出る。あなたは部内者の知識を持っており、それが役に立つかもしれない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ