キャリアと技術、2人のアドバイザーが求職をサポート:KLabキャリア

冨田秀継(編集部)
2009-01-06 18:57:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル開発などを手がけるKLabは、1月よりITエンジニア向けの人材事業「KLabキャリア」を開始した。キャリアアドバイザーと技術カウンセリングを行うTechアドバイザーの2名によって求職者に対応する「Wアドバイザー制度」が特徴となっている。

KLabキャリアのウェブサイト。注目企業にはミクシィやトレンドマイクロ、IMJモバイル、Eストアーの転職情報が並ぶ KLabキャリアのウェブサイト。注目企業にはミクシィやトレンドマイクロ、IMJモバイル、Eストアーの転職情報が並ぶ

 Wアドバイザー制度では、求職者は現役エンジニアでもあるTechアドバイザーに技術的な悩みを相談できる。転職やキャリアパスといったキャリア全般に関する相談は、キャリアアドバイザーが担う。これは、必ずしも技術に明るくないキャリアアドバイザーと、エンジニアの間で起こりがちなコミュニケーションの齟齬や、エンジニアのスキルおよび希望と求職案件とのミスマッチを減らすことを目的としている。

 KLabではエンジニアコミュニティのネットワークを活用して優秀な技術者を確保することで、採用する企業側にもメリットを訴求したい考えだ。

 また、デザイナーとは異なり、エンジニアの採用においてはコーディングに関わるスキルテストを経ることなく、面接のみで合否が判断されることが多いことから、入社後のミスマッチが発生しがち。この問題に対して、KLabキャリアは無償でプログラミングテストを実施し、その結果をTechアドバイザーが分析。求職者の経験やスキルの把握に努めることで、ミスマッチの削減を図るとしている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]