フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より

文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-12-04 07:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間2003年8月25日にフロリダ州ケープカナベラルからDeltaロケットで打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡。ここでは、同望遠鏡がとらえた驚きの画像を紹介する。

提供:NASA/JPL-Caltech

 かじき座の中にあり、地球から約6000万光年の距離に位置する、この美しい渦巻銀河「NGC 1566」は、「Spitzer Infrared Nearby Galaxies Survey(SINGS)Legacy Project」により、Spitzer宇宙望遠鏡の赤外線配列カメラ(IRAC)を使って撮影された。

 ぼんやりした青い光は成熟した星からのもので、「燃えるような」赤い渦巻腕は、星が形成過程にあり、ちりが放出されていることを示している。星の形成の大半は、対称に位置する2本の渦巻腕に見られ、ワールプール銀河など、ほかの壮大な渦巻銀河を連想させる。小さくて非常に明るい青い中心部を持つことから、この銀河がセイファート銀河(中心核の非常に小さい領域から活発に光を放射している銀河)であることが示唆される。

フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より 文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]