フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より

文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-12-04 07:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間2003年8月25日にフロリダ州ケープカナベラルからDeltaロケットで打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡。ここでは、同望遠鏡がとらえた驚きの画像を紹介する。

提供:NASA/JPL-Caltech

 これは、形成途上の星と、その星が発する燃え盛る噴流をNASAのSpitzer宇宙望遠鏡で撮影した珍しい赤外線画像だ。この画像から、われわれの住む太陽系の数十億年前の姿がうかがい知れる。可視光では、この星とその周囲の領域は暗闇に完全に隠れる。星は、ガスや塵の雲(エンベロープ)が回転しながら形成される。エンベロープが平らになって崩れると、ガスの噴流が外側に流れ、惑星を形成する物質が回転して円盤状となり、形成途上の星の周りで形を成す。そして最終的にエンベロープと噴流は消滅し、後には一連の惑星を伴った新しい星が残る。このプロセスには数百万年の歳月がかかる。

フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より 文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]