フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より

文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-12-04 07:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間2003年8月25日にフロリダ州ケープカナベラルからDeltaロケットで打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡。ここでは、同望遠鏡がとらえた驚きの画像を紹介する。

提供:NASA/JPL-Caltech

 この合成画像では、NASAのSpitzer宇宙望遠鏡でとらえられた、燃えるような三裂星雲の可視光線、赤外線画像が比較されている。三裂星雲は、射手座にある、5400光年離れた巨大なガスとちりの雲で、星が形成されている。

 誕生初期の星は、Spitzerの赤外線カメラがとらえた着色像(右)の矢印で示されている。これらは、可視画像(左)では、見ることができない。Spitzerが発見した核のうちの2つでは複数の星が誕生しており、ほかの2つではそれぞれ1つの星が誕生している。このような恒星進化の初期段階で1つの核に複数の星が観測されたのは、これが最初のうちの1つだ。

フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より 文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]