フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より

文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-12-04 07:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間2003年8月25日にフロリダ州ケープカナベラルからDeltaロケットで打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡。ここでは、同望遠鏡がとらえた驚きの画像を紹介する。

提供:NASA/JPL-Caltech

 NASAのSpitzer宇宙望遠鏡からのこの着色像では、衝突する「アンテナ」銀河の中心にある、隠れていた生まれたばかりの星の群れが見える。それぞれ「NGC 4038」「NGC 4039」という名前で知られるこれら2つの銀河は6800万光年離れた場所にあり、約8億年の間、融合し続けている。Spitzerの最新の観測では、この衝突のプロセスによって星の形成が一気に引き起こされている瞬間が、この2つの銀河が重なり合っている領域でとらえられている。

フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より 文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]