フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より

文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-12-04 07:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間2003年8月25日にフロリダ州ケープカナベラルからDeltaロケットで打ち上げられたSpitzer宇宙望遠鏡。ここでは、同望遠鏡がとらえた驚きの画像を紹介する。

提供:NASA/JPL-Caltech

 天文学者は、NASAの3つの大天文台で、隠れたブラックホールを求めて遠い宇宙を徹底的に調べているが、可視画像ではほとんどのブラックホールは目に見えないという結論に達している。左側のNASAのHubble宇宙望遠鏡の画像に写っているのは、大天文台深宇宙オリジン・サーベイ(GOODS)での、宇宙全体の200分の1の画像だ。画像には、3つのX線源(丸で囲まれた部分)をはじめ、多くの銀河がとらえられている。右側の画像は、HubbleとNASAのSpitzer宇宙望遠鏡のデータを合成したもので、同じ領域が示されている。2つの「強い」X線源(X線の最も短い波長でのみ検出されるX線源で、ここでは黄色い丸で示されている)は、可視画像では非常にぼやけているが、赤外線画像ではずっと明るい。このデータから、X線源はちりに隠されたブラックホールの可能性がある。

フォトレポート:驚きの宇宙-- Spitzer宇宙望遠鏡からの画像より 文:Selena Frye(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]