フォトレポート:時代を振り返る--携帯電話の10年

文:Natasha Lomas(silicon.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008-11-28 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今や、インターネットブラウザなど、通話以外にもさまざまな機能を持つ携帯電話。この進化続けるデバイスについて、10年の歴史を振り返る。

提供:Nokia

 1999年。映画「マトリックス」の主人公ネオはさまざまなシーンでビジネスマンが持つようなバナナフォンを見せびらかしていたが、携帯電話のユーザーの大半は別の方向に進んでいた。アンテナのない携帯電話だ。後に、その形状からストレート型として知られるようになった。

 現在の無数のモデルが証明する通り、非常に人気があり、いつまでも変わらない形状をしていた。

 この写真に写っているのは「Nokia 3210」。アンテナがプラスチックに埋め込まれたような外観の携帯電話だ。3210は爆発的な売れ行きで、多くの若者が初めてキーでテキストを入力することを経験した。

フォトレポート:時代を振り返る--携帯電話の10年 文:Natasha Lomas(silicon.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]