フォトレポート:時代を振り返る--携帯電話の10年

文:Natasha Lomas(silicon.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008-11-28 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今や、インターネットブラウザなど、通話以外にもさまざまな機能を持つ携帯電話。この進化続けるデバイスについて、10年の歴史を振り返る。

提供:RIM

 2006年。BlackBerryのビジネスツールから個人ユーザーをターゲットにした製品への変換は、「BlackBerry Pearl」の発表によって完了した。この携帯電話は、携帯電話の電子メール普及に貢献した象徴的な存在として、名声を獲得している。

 Pearlは2006年秋に鳴り物入りで登場し、内蔵カメラとメディアプレーヤーが自慢だった。また、親指操作のトラックホイールがなくなり、代わりにトラックボールボタン、別名「パール」ナビゲーションが前面に搭載された。

 従来のBlackBerryと比較して、サイズと形状に手が加えられて薄くなり、ストレート型に近いものになった。RIMの特徴であるフルQWERTYキーボードを縮小して、1つのキーに2つの文字を持たせることにより、個人ユーザーが手軽に使える寸法を実現したが、この妥協のおかげで、万人好みではなかったものの、多くのファンを獲得した。

 グレーがかったブルーからピンクまで、さまざまな色が追加されたが、Pearlのデザインは今日でも基本的に変わっていない。

フォトレポート:時代を振り返る--携帯電話の10年 文:Natasha Lomas(silicon.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]