フォトレポート:分解、「Apple IIc」--フロッピードライブ内蔵のコンパクト機

文:John Sheesley(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008-10-28 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フロッピーディスクとメインCPUが統合されて人気を博した「Apple IIc」。CNET News.comの姉妹サイトであるTechRepublicがApple IIcを分解した。

提供:John Sheesley

 ボードにはわかりやすく名前が表示されている。すべてのインターフェースコネクタが上に並んでいるのがわかる。左上のポートは外付けディスクドライブ用だ。その下には、内蔵ドライブ用フロッピーケーブルをつなぐ部分があるのが見て取れる。

 その隣にあるのは、コンポジットビデオ出力ポートだ。

 さらにその右には、コンポジットモニターではなく、テレビを使いたい場合のために用意されたテレビ用コネクタがある。

 その隣には、外付けモデム用の9ピンDINプラグがある。

 最後に、右上には、AppleMouse IIc用の標準的な9ピンポートがある。

フォトレポート:分解、「Apple IIc」--フロッピードライブ内蔵のコンパクト機 文:John Sheesley(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
« »
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]