出世以外の報酬も技術職には必要

笠井美史乃
2008-10-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パソナテックは、同社設立10周年を記念して企業の経営・人事部門およびエンジニア・クリエイター職で働く人たちを対象にしたカンファレンス「パソナテックカンファレンス2008」を開催した。

 初日の10日は「IT人材の未来 〜これからのIT業界と人材戦略〜」がテーマ。メインセッションにはシリコンバレーでの働き方を知り尽くす人物、Blueshift Global Partners社長で、パソナテック シリコンバレーオフィスのフェローでもある渡辺千賀氏が、「現場がイキイキする人材マネジメント:渡辺千賀の流儀」と題した講演を行った。

職場環境のHolyGrailとは

 渡辺氏は、テクノロジー関連分野における日米間の事業開発コンサルティングを行うBlueshift Global Partners社の社長。また、パソナテック シリコンバレーオフィスのフェローでもある。シリコンバレーの日本人ネットワークNGOを立ち上げるといった活動も行ってきた。

 このような背景を持つ渡辺氏だが、氏が考える「生き生きした職場」とはどのようなものだろか?それは簡潔に「やりがいがあること」「働く時間が短いこと」だという。ただ、シリコンバレーにおいても、この両方を満たす「HolyGrail(聖杯)」の実現は難しいという。しかし、大企業ではやりがいがそこそこで労働時間が短く、ベンチャーなら労働時間は長いがやりがいが大きくと、バランスが取れているという。

 一方、日本の労働者の大部分は自分の仕事が「やりがいが無く労働時間が長い(=地獄)」だと思っている傾向があるのだそうだ。

生き生きと働ける環境は、やりがいと労働時間に左右されるという 生き生きと働ける環境は、やりがいと労働時間に左右されるという

 この現状に対して、日本の企業や労働者はどう対応していけば良いのだろうか。渡辺氏は「シリコンバレー的な会社がどのようにしているのか、日本でもできそうな事例を選んで」(渡辺氏)紹介してくれた。

働く時間を短くするための方法

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ