フォトレポート:プジョー、「未来都市にあう車」でデザインコンペ--最終選考車両を公開

文:Candace Lombardi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部
2008-09-03 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回で5回目となる「Peugeot Design Contest 2008」は、設計者らに革新的なコンセプトカーを考案する機会を提供している。ここでは、最終選考に残った作品の一部を紹介する。

提供:Peugeot/Gustavo Hernandez

 有難いことに、責任ある運転が求められる未来にもラリーレースは存在する。コロンビアのGustavo Hernandez氏が設計したカーボンファイバー製コンセプトカー「50x」は、熱狂的なファンも多いPeugeot 206がベースになっている。サブコンパクトながら頑丈な206ラリー車と同様、50xもビーチなどでのオフロード走行が可能だ。50xはツーシーターで、ガルウイングドアはポリカーボネート製だ。また、四輪には水素燃料電池で動くエンジンが搭載されている。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]