フォトレポート:分解、アップル「iPhone 3G」

文:Bill Detwiler(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008-07-16 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CNET News.comの姉妹サイトであるTechRepublicは、7月11日に発売されたばかりの「iPhone 3G」を早速分解し、その様子を紹介した。

提供:Bill Detwiler/TechRepublic

 この写真の右上に写っているのは、「Skyworks SKY77340」パワーアンプモジュール(PAM)だ。Skyworksのウェブサイトには、SKY77340 PAMに関する詳細が掲載されている。SkyworksのクアッドバンドGSM/EDGE対応SKY77340 PAMの仮製品概要には次のように書いてある。

 「SKY77340パワーアンプモジュール(PAM)は、GSM850/900、DCS1800、PCS1900クアッドバンド対応の携帯電話機向けに小型化されており、GMSK、リニアEDGE変調をサポートしている。また、クラス12 General Packet Radio Service(GPRS)マルチスロットオペレーションもサポートされている」

 写真下の「Do Not Remove」と書かれたステッカーの隣には、「Tritium PA-Duplexer Module」があり、TQM616035、TQM676031、TQM666032の番号が付いている。

フォトレポート:分解、アップル「iPhone 3G」 文:Bill Detwiler(TechRepublic)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
« »
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]