フォトレポート:ケネディ宇宙センター--スペースシャトル帰還地の舞台裏

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-06-24 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スペースシャトル「ディスカバリー号」が米国時間6月14日に帰還した際の着陸場所である米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センター。このフォトレポートでは、同センターのさまざまな施設を紹介する。

提供:Daniel Terdiman(CNET News.com)

 発射室4がケネディ宇宙センターのメインのシャトル発射室だ。最新の設備、家具が設置されており、シャトル発射時にはここに打ち上げ実施責任者が座る。

 この部屋はシャトル発射専用だ。発射室1は現在、コンステレーションのテストロケットで、2009年4月に打ち上げが予定されている「アレス1X」ロケットの初の打ち上げ実験のため改装中だ。

フォトレポート:ケネディ宇宙センター--スペースシャトル帰還地の舞台裏 文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]