フォトレポート:ケネディ宇宙センター--スペースシャトル帰還地の舞台裏

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル、編集部
2008-06-24 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スペースシャトル「ディスカバリー号」が米国時間6月14日に帰還した際の着陸場所である米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センター。このフォトレポートでは、同センターのさまざまな施設を紹介する。

提供:Daniel Terdiman(CNET News.com)

 スペースシャトル「Discovery」が米国時間6月14日に帰還した際の着陸場所である米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センター。CNET News.comリポーターであるDaniel Terdimanは、フロリダにある同センターで1日を過ごし、NASAのさまざまな施設の舞台裏を見学した。

 その1つが、フロリダ州で最も高い建物の1つであるシャトル組立棟(VAB)だ。スペースシャトルを始め、サターンVロケットなどがここで造られている。VABの片隅にスペースシャトルのブースターの先端部が置かれ、「スタック」と呼ばれる、シャトルの発射に必要なコンポーネント一式に組み込まれるのを待っている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ