フォトレポート:巨大望遠鏡「Telectroscope」、ロンドン〜ニューヨークを望む

文:Nick Heath(Silicon.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008-06-12 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大西洋の両側を望遠鏡で結ぶというビクトリア時代の夢が100年後の現代に実現した。

提供:Nick Heath(Silicon.com)

 Telectroscopeをのぞき込んだニューヨーカーは、タワーブリッジの絶景を楽しむことができる。ただし、反対側で手を振るロンドン市民の向こう側が見えるなら、だが。

 Telectroscopeはもともと、ビクトリア時代のエンジニア、Alexander Stanhope St George氏の夢であり、同氏は、世界中に張り巡らされたトンネルから見ることができる、鏡とレンズがびっしりと詰まった巨大な望遠鏡を設計した。

 4年間の工事と15人の犠牲の後、Alexander Stanhope氏は夢を断念せざるを得なかったが、彼の子孫で芸術家のPaul St George氏がほこりにまみれた計画書を発見したのを受けて、この計画が復活した。

フォトレポート:巨大望遠鏡「Telectroscope」、ロンドン〜ニューヨークを望む 文:Nick Heath(Silicon.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]