Linux技術者認定試験の受験者総数、国内で延べ8万人を達成:LPI-Japan

荒浪一城
2007-09-28 19:43:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月27日、Linux技術者認定機関の特定非営利活動法人 LPI-Japanは、全世界におけるLinux技術者認定試験(LPIC)の受験者総数が、延べ15万人を達成したと発表した。日本国内では受験者総数が延べ8万人を達成したという。

 国内においては、2000年10月の日本語試験開始以来、2007年8月末に国内の受験者総数が延べ8万人の実績を達成した。受験者数の推移としては、ここ数年、年間約2万人のペースで推移しており、月間受験者数としては平均約2000人前後の規模で実施されている。

 また、現在LPIC認定試験は、レベル1、レベル2、レベル3の3段階を実施しており、認定者の総数は、レベル1が2万2000人、レベル2が5000人を上回り、LPIC認定者の合計は2万7000人を越えているとのことだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]