JavaScript+Java:Rhinoの導入と基本的な利用法

白石俊平(あゆた)
2008-02-08 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaクラスのメンバにアクセスする

 クラスの参照方法がわかったので、次はJavaクラスの操作方法も学びましょう。基本的な操作方法は次の通りです。

  • Javaと同じく、new演算子を用いてインスタンスを生成することができる。
  • Javaと同じく、「.」(ドット)演算子を用いてメソッドやフィールドを参照できる。
  • Javaのgetter/setterメソッドに、プロパティとしてアクセスすることができる。プロパティ名はJavaBeans仕様で定められたもの(基本はset/get/isと言った接頭辞を取り除き、先頭一文字を小文字にしたもの。詳しくはJavaBeans仕様のセクション7を参照してください)

 これを踏まえて、簡単なSwingプログラミングを行ってみましょう。以下のコードは、タイトルに「hello」と表示されたウィンドウを作成するだけです。

// JFrameをインポート
importClass(Packages.javax.swing.JFrame);

// コンストラクタの呼び出し
var win = new JFrame();

// setSize()メソッドを呼び出して、ウィンドウサイズを指定
win.setSize(200, 100);

// クローズボタンが押されたときの動作を指定する
// staticフィールドにもアクセスできる
win.setDefaultCloseOperation(JFrame.DISPOSE_ON_CLOSE);

// プロパティtitleに値を設定
// JFrame#setTitle()が呼び出される
win.title = "Hello";

// ウィンドウを表示
win.visible = true;

 対話シェル上でこのスクリプトを実行すると、以下のようなウィンドウが生成されます。コンパイルを必要とせず、GUIアプリケーションを作成できるというのはやはりお手軽で良いですね。

Helloサンプル

まとめ

 今回は、Rhinoの導入方法から基本的なプログラミングの方法までを学びました。ここまでの知識でも、そこそこのJavaScriptプログラムを書くことは可能です。是非、SwingやJDBCなどJavaが持つ強力なソフトウェア資産にJavaScriptからアクセスしてみてください。

 次回はさらに高度なスクリプトを書くために必要な知識として、JavaインターフェースをJavaScriptで実装する方法や、Javaクラスを継承する方法を紹介します。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]