JavaScript+Java:Rhinoの導入と基本的な利用法

白石俊平(あゆた)
2008-02-08 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rhinoを用いたJava/JavaScriptプログラミング

 JVM言語の醍醐味は、Javaが持つ膨大なソフトウェア資産を、スクリプト言語から利用可能にするところです。以降は、JavaのライブラリにRhinoからアクセスするための方法を詳しく解説していきます。

Javaクラスの参照方法

 まずJavaScript内からJavaクラスを参照するには、「Packages.パッケージ名.クラス名」と指定します。例えば、「System.out.println()」をスクリプト内で利用するには以下のようにします。

Packages.java.lang.System.out.println("Hello, Rhino!");

 基本的にはこのルールが全てなのですが、プログラマの利便性を考えて、特別に「java.」で始まるパッケージだけは「Packages」を省略できることになっています。なので、上のコードは次のように書くこともできます。

java.lang.System.out.println("Hello, Rhino!");

パッケージやクラスのインポート

 しかし、これでもまだパッケージ名を記述しなくてはならないので冗長です。さらにクラス名の記述を短縮するには、Java言語のimport文と同様の仕組みがほしいところです。その目的のために、RhinoはimportPackage()やimportClass()と言ったトップレベルの関数を提供しています。

importPackage()は、パッケージのインポートを行います。

// Javaにおける「import java.util.*」と同じ
importPackage(java.util);
var hash = new HashMap();
...

importClass()は、クラス単体のインポートを行います。

// Javaにおける「import java.util.HashMap」と同じ
importClass(java.util.HashMap);
var hash = new HashMap();
...
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]