なぜJava+スクリプト言語が求められたのか

白石俊平(あゆた)
2008-01-25 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載全体の構成

 これから開始するこの連載は、そうしたJVM言語にスポットを当て、平易な解説を行うことを目的としています。以下のような方々を対象読者とすることを想定しています。

  • スクリプト言語による開発をこれから始めてみようと考えているJava開発者
  • JVM上でもプログラミングを行ってみようと考えているスクリプト開発者

 こうした方々を対象として、「Javaと各言語の関わり」という点を中心に、初歩的な解説を行っていきたいと考えています。各言語についての文法やライブラリなどに関しては当連載では取り扱いません。

JVM言語の解説

 まず、当連載で取り上げるJVM言語は以下の通りです。

  • Rhino
  • JavaFX
  • Groovy
  • JRuby
  • Jython

 これらの言語それぞれに対して、以下のような構成で解説を行いたいと思います。解説の構成を言語間でなるべく統一して、「知りたいことがすぐわかる」ようなスタートアップガイド/リファレンスとなるのが目標です。

 ここでは、言語それぞれが固有に持つ環境やAPIを利用する方法を解説します。

  • インストール
  • スクリプトの実行環境(対話シェル、ファイルの実行など)
  • スクリプト言語からJavaを利用する
    • メソッド呼び出し、インポートなど
    • Javaクラスの継承、Javaインターフェースの実装
  • Java環境への組み込み
    • スクリプトソースの評価
    • スクリプトに対する変数のバインディング方法
    • スクリプト内の変数や関数にJavaからアクセスする方法
  • その他の話題(スクリプトの事前コンパイル、スレッドに対する安全性など)

Java SE 6.0によるスクリプト言語サポート

 各言語の解説が一通り済んだら、Java SE 6.0で導入されたスクリプト言語のサポートについて触れてみましょう。以下のようなトピックについてお話ししたいと思います。

  • javax.scriptパッケージ
  • Web Scripting Framework

 連載初回となる次回からは、まずはJavaで書かれたJavaScriptエンジンである「Rhino」について取り上げていきたいと思います。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]