Javaエバンジェリストが語る「JavaOne 2012 San Francisco」の見どころ ~築き上げられる『未来のJavaの姿』~

builder by ZDNet Japan Ad Special
2012-11-19 15:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

より質の高い技術を「標準」とするために

 JavaOneでは、Javaプラットフォーム全体について、その時点での最新の状況や、今後のロードマップといった情報がひとまとめで公開される。それが、Java開発者がJavaOneに参加すること最大のメリットでもある。

 今回のJavaOneでは、イベント開催前にJava SEやJava EEに関するロードマップの一部変更が発表されたこともあり、そのアップデートに関する情報もトピックとなった。具体的には、Java SEのモジュール化促進に対する取り組みである「Project Jigsaw」が、当初の予定であったJava SE 8(2013年後半リリース予定)からJava SE 9へとシフトした点や、Java EEの「クラウド対応」を2013年春にリリース予定のJava EE 7から、2015年リリース予定のJava EE 8へと延期するといった点だ。


今後の戦略とビジョン

■Java SE 8
Lambda 式の追加
JavaScript エンジン統合

■Java SE 9
Jigsaw (モジュール化)対応

■Beyond
GPUに対するプログラミング

クラウド機能について

Java EE 7
2013年 春リリース
 →HTML 5 対応

Java EE 8
2015年 春リリース(予定)
 →クラウド対応


 特に「クラウド対応」については、早くよりJava EE 7の目玉となる新機能としてアピールされていただけに、延期の報を残念に感じた人も多いのではないだろうか。しかしながら、こうした標準化の「延期」について、「ネガティブな状況ととらえる必要はない」と寺田氏は言う。

 Javaの仕様が「標準」として策定され、そのプロセスがオープンであることを考えれば、「標準化」における慎重さは、むしろ、その過程が健全に進められていることのひとつの証左であるととらえることもできるからだ。

 「現時点でのJava EEでのクラウド対応には、コミュニティの中にも『時期尚早である』とする意見が少なくなかったのです。Javaが標準であることを標ぼうしているのであれば、議論が尽くされていない状態の技術をそこに加えるというのはふさわしくありません。不完全な部分については、リリースのタイミングを遅らせてでも、それぞれの分野のエキスパートがさらに経験を積んで得た知見と議論を元に、より高い品質で組み入れていくべきだという判断を行っています。Project Jigsawについても同様で、今回の判断については、コミュニティの中にも支持する声が多く見受けられました」(寺田氏)


JavaOne 2012での新たなアナウンス

 今回のJavaOneで新たにアナウンスされたものの中で、寺田氏が注目したのは「Project Nashornのオープンソース化」「JavaFX for ARM」「JavaFX Scene Builder 1.1 for Linux」「Project Easel」「Project Sumatra」といったトピックだ。

 Project Nashornは、Java VM上で動作する高パフォーマンスなJavaScriptエンジンの提供を目指すものである。今回、このエンジンをオープンソースプロジェクトであるOpenJDKに組み込んで、その元で開発を進めていくという方針が発表された。オープンソース化は年内をめどに実施される予定だという。

 JavaFXは、Java SEにおいてリッチUIの提供を可能にするフレームワークである。今回、タブレットデバイスなどで多く採用されているARMプロセッサ向けのJavaFXの提供が開始されるとともに、Visual Basicライクな画面作成を可能とする「JavaFX Scene Builder」のLinux用プレビュー版がリリースされた。

 Project Easelは、オープンソースのIDEであるNetBeansのバージョン7.3に含まれる予定で、ブラウザ向けのウェブアプリケーション開発に特化した支援機能を提供するものだ。HTML5、JavaScript、CSS3といったコードの補完機能や、Chromeプラグインを介したブラウザとのダイナミックな連携によるデバッグ機能などが提供される予定という。

 また、Project Sumatraは、JavaからGPUを直接操作できるようにしようという取り組みだ。高いパフォーマンスを要求されるアプリケーションにおいて、GPUを活用した並列処理、マルチコアプロセッシングなどの恩恵を、Java開発においても受けられるようになるという。

 これらに加えて、寺田氏は今回のJavaOneで新たな情報が公開されていた「Project Avatar」について、「今後の動向に注目すべき取り組み」だと紹介した。

 Project Avatarは、現時点でOracleの社内のみで研究が進められている実験的なプロジェクトである。昨年のJavaOneで名前が公表された段階では「Java EEに関するHTML5アプリの構築フレームワーク」であること以外、詳細が明らかにされていなかった。今回のJavaOneのテクニカルセッションでは、そのアーキテクチャについて、より具体的な情報が明かされたという。

 開発者はAvatarによって、ブラウザで表示されるクライアントのビューと、サーバ側で提供するビジネスロジックを共にJavaScriptで実装できるようになる。また、サーバ・サイドのサービスはエンタープライズ実行環境として長年豊富な実績と信頼のあるGlassFish,WebLogicといったアプリケーション・サーバ上で動作が可能となるため、サーバ・サイドJavaScriptプログラムの実行環境として最適でサーバ・サイドJavaScriptプログラムの実行時の信頼性が大幅に向上する。

 またAvatarは新たに Thin Server Architecture(TSA)という概念を取り入れた。今までMVCでいうビューとデータモデルの構成を全てサーバ側で行い、サーバで構成されたWebページをクライアントに対して提供していた。これに対しTSA はビューとデータモデルの構成をクライアント側に委譲し、サーバ側の軽量なサービスを通じて必要なデータを必要な時に入手し、結果としてデータ通信量を大幅に削減する事ができるようになる。クライアントとサーバ側の通信にはRESTful, Server-Sent Event, WebSocketが利用可能だ。

 サーバ側の実行環境は既存のJava EEのコンテナ上に、Project Nashornによって進められているJava VM上で稼働するJavaScriptエンジンを組み込むことで、JavaScriptのコードから既存のエンタープライズJavaの資産も利用できるようになる。

 また、JavaScriptの開発者にとっては、今までサーバ側の実装も行いたかったがJavaについて詳しくないといった開発者も、サーバ側の実装が可能となり、今持つスキルをより広く生かす事ができるようになり、その門戸が大きく開かれる可能性があるという。これまで、クライアント側のアプリ開発技術ととらえられていたJavaScriptが、サーバ側での開発にも活用できるようになることで、開発者には、シンプルなスキルセットを使った、より高度なウェブアプリケーション開発への門戸が開かれる可能性があるという。

 このProject Avatarが、今後どのような形で展開するかについては、現時点では「全くの未定」(寺田氏)だが、その動向にはひきつづき注目しておきたい。

 日本オラクルでは、今年から来年にかけて、今回のJavaOneでの成果をもとに、最新のJava動向を紹介するイベントを、さまざまな規模で展開していく予定だ。また、サンフランシスコでの次回のJavaOneも、既に2013年9月22日から26日にかけて開催されることが決まっている。寺田氏は「JavaOneは、Javaに関する知識を得る勉強会としての意義もさることながら、世界中のJava開発者との交流や意見交換を楽しめる場としても貴重なイベントです。ぜひ、一人でも多くの日本のJava開発者に、来年も参加していただきたいと思っています」と語った。

関連リンク
> Java公式メルマガ【Java Developer Newsletter】

関連記事
> ビジネスの拡大で求められるシステム集約への回答
> BPMは小さく始めて大きく育てる
> ハードウェアリソースが大幅に追加、さらに性能が向上したOracle Exalogic X3-2

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]