Java IDE新潮流--第3回 Ruby/Rails開発も可能に:NetBeans 6

竹添直樹(NTTデータ先端技術)
2007-06-15 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリケーションの実行

 アプリケーションが完成したら実際に動作させてみよう。Projectビューでプロジェクトを選択し、右クリック→「Run Project」するとWEBrickが起動し、Webブラウザでアプリケーションの動作確認を行うことができる。Railsプロジェクトがメインプロジェクト(NetBeansではProjectsビューに表示されているプロジェクトのうちどれか1つをメインプロジェクトに指定することができる)に指定されている場合はツールバーのアプリケーションの実行アイコンをクリックすることでもRailsアプリケーションを実行することができる。

Railsプロジェクトの実行 Railsプロジェクトの実行

 Rubyスクリプトのデバッグも可能なようだが残念ながら筆者の環境ではうまく動作しなかった。今後に期待したいところだ。

その他の機能

 この他にも「Tools」メニューから「Ruby Gems」を選択するとRubyGemsの管理を行うためのダイアログが表示される。初期状態ではRails関連のGemのみインストールされた状態になっているが、このダイアログでGemのインストール・アンインストールやアップデートを行うことができる。

RubyGemsの管理 RubyGemsの管理(画像をクリックすると拡大表示します)

 また、対話的にRubyコードを実行するためのirbを利用可能なビューが用意されている。このビューでは上下キーでヒストリ選択、TABキーで過去に入力した単語の補完が可能だったりと、なかなか使いやすい。ちょっとしたRubyスクリプトを試しに実行してみたいという場合には最適だ。

irbビュー irbビュー

 NetBeansの機能というわけではないが、NetBeansではRubyの実行環境としてJavaで実装されたJRubyを利用している。そのため、JavaのクラスをRubyから利用することができる。以下はJavaのjava.util.ArrayListクラスをJRubyで使用する例だ。

require 'java'

list = java::util::ArrayList.new
list.add("Ruby")
list.add("JRuby")

list.each{|i|
  puts i
}
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]