Java IDE新潮流--第3回 Ruby/Rails開発も可能に:NetBeans 6

竹添直樹(NTTデータ先端技術)
2007-06-15 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトの作成

 まずはRuby/Railsアプリケーションを開発するためのプロジェクトを作成する。NetBeansにはRubyやRails用のプロジェクトを作成するためのウィザードが用意されている。NetBeans 6.0にはRailsやRuby実行環境としてJRubyが同梱されているが、このウィザードではネットワーク経由でこれらをアップグレードすることも可能だ。

プロジェクト作成ウィザード プロジェクト作成ウィザード

 このウィザードでRails用のプロジェクトを作成すると、以下のようなプロジェクトが生成される。プロジェクトの構造はRails開発者にはおなじみだろう。

作成されたプロジェクト 作成されたプロジェクト

Rubyエディタ

 Rubyスクリプトを編集するためのエディタでは強調表示、入力補完、構文チェック、フォールディング(折りたたみ)、ハイパーリンクといったJavaエディタでもおなじみの機能が提供されている。動的言語の性格上、Javaでコーディングする場合と比べると型チェックが働かないなど不便な点もあるが、普通のテキストエディタよりは効率よくコーディングすることができるだろう。

Rubyエディタ Rubyエディタ

 また、RailsではビューのテンプレートとしてRHTMLを使用するが、このRHTMLを編集するためのエディタも備えている。こちらはRubyエディタほど強力なものではなく、タグの入力補完が可能なHTMLエディタにRubyコード部分の強調表示を追加した簡易的なものとなっている。

 なお、Railsのコントローラとビュー(RHTML)をエディタで開いている場合、「Navigate」メニューの「Goto Rails Action/View」でコントローラのアクションメソッドとビューを切り替えることができる。細かい部分だがコントローラとビューを行き来しながら編集する場合には便利な機能だ。

ジェネレータ

 Railsでは開発に必要な各種ファイルを生成するためのジェネレータが用意されている。NetBeansではこのジェネレータをGUI形式で利用することができる。ProjectビューでRailsプロジェクトを選択した状態で右クリックし、コンテキストメニューから「Generate」を選択すると以下のようなダイアログが表示される。このダイアログではRubyGemsによってジェネレータの追加インストールを行うこともできるようになっている。

Rails Generatorダイアログ Rails Generatorダイアログ

 ProjectビューのコンテキストメニューからはこのほかにもDBのマイグレーションや任意のRakeターゲットの実行、RDocの生成などが可能だ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]