Java IDE新潮流--第3回 Ruby/Rails開発も可能に:NetBeans 6

竹添直樹(NTTデータ先端技術)
2007-06-15 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ruby/Railsにも対応するNetBeans 6.0

 NetBeans 6.0の大きな特徴の1つとして、スクリプト言語RubyおよびRubyによるWebアプリケーションフレームワークRuby on Railsに対応していることが挙げられる。

 RailsはRubyという言語の持つ柔軟さと強力さを最大限に活かした生産性の高いフレームワークとして注目を集めている。NetBeans 6.0の現在入手可能なプレビュー版(M9)はJava開発に関する基本機能のみの「Basic」、Web開発やモバイル開発をサポートした「Standard」、フルセットの「Full」と3種類のインストーラが提供されているが、Fullバージョンには標準でRuby/Railsサポートが含まれており(それ以外の場合でもアップデートマネージャ経由でRuby/Railsサポートを追加インストールすることが可能)、NetBeans上でRubyスクリプトやRailsを使用したWebアプリケーションの開発を行うことが可能となっている。

 NetBeans 6.0M9では以下のようなRuby/Rails開発支援機能が提供されている。

  • Ruby/Railsプロジェクトを作成するためのウィザード
  • 入力補完、構文チェックなどが可能なRubyエディタ
  • Ruby/Railsアプリケーションの実行
  • Railsのジェネレータ、Rake等を実行する機能
  • RubyGemsの管理
  • irbビュー

 本稿ではNetBeans 6.0のRuby/Rails開発支援機能について取り上げたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ