Java IDE新潮流--第1回 Javaエディタが大幅強化:NetBeans 6.0

竹添直樹(NTTデータ先端技術)
2007-06-01 19:47:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Java開発の現場では利用があたりまえになってきたIDE(統合開発環境)、この流れに大きく貢献したのがEclipseだ。従来の重くて使えない、というIDEのイメージを払拭し、無料で公開されるオープンソースソフトウェアであったこともあり、現在も人気の高いIDEだ。

 このまま、Eclipseの独壇場になるのかと思えたIDEも、ふたを開けてみればオープンソースソフトウェアのEclipseとNetBeans、商用製品ではOracle JDeveloperやIntelliJ IDEA、Eclipseベースの商用製品としてIBM WebSphere StudioやBorland JBuilderなど、様々なIDEがしのぎを削っている。

 この連載では、こうしたIDEのなかでもとくに活気のあるIDEを取り上げ、IDEを巡る最近の流行に焦点をあてる。特に、先の2007 JavaOne Conferenceでプレビューの公開されたNetBeans 6.0を中心に、EclipseのオールインワンパッケージであるMyEclipse、NetBeansと同じくJavaOneでプレビューされたOracle JDeveloper 11gを取り上げ、それぞれの特徴を紹介する。

 では、早速NetBeansから見ていこう。バージョン6で大幅な進化を遂げたコーディング支援機能、GUIの設計機能、Ruby on Railsのサポートという順で取り上げる。

 ご存知の通りNetBeansはEclipseと双璧をなすオープンソースのJava統合開発環境だ。NetBeans 6.0には以下のように非常に多くの新機能が含まれている。

Javaエディタの改善

  • Ruby/JRuby/Ruby on Railsのサポート
  • Swing Application Framework、Beans Bindingのサポート
  • プロファイラの統合
  • Webページ、画面遷移のビジュアル編集
  • モバイル開発支援機能の統合
  • SOA対応機能の統合
  • UML設計機能の統合

 本稿ではこれらの新機能の中でも特にJava開発者にとって最も重要なJavaエディタを中心としたJavaのコーディング支援機能の新機能に触れてみよう。

 これまでNetBeansはEclipseと比較して、「高機能だが肝心のJavaソースコードのコーディング効率で劣る」と言われ続けてきた。Eclipseの強力なJavaエディタと比較するとNetBeansのエディタは確かに使いにくいものだった。そのためNetBeans 6.0ではJavaエディタに大幅な改善が加えられている。まずはここをひとつずつ見ていこう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ