キーパーソンが多数登場--イベント「Java Day Tokyo 2014」に見るJavaの今後

加山 恵美
2014-05-28 14:58:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 国内最大規模となるJavaのイベント「Java Day Tokyo 2014」が5月22日に開催された。3月に発表された「Java SE 8」のローンチイベントという側面もあり、Java SE 8のセッションが数多く設けられ、基調講演ではJavaのキーパーソンが次々と登壇した。

プラットフォームの融合を進めたJava 8

 冒頭のあいさつに登壇したのは日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 ビジネス推進本部 シニアマネジャーの伊藤敬氏。足取りも軽やかにステージに登り「こんにちは!」と聴衆に呼びかけると、会場も「こんにちは!」と呼応した。この瞬間、会場がJavaコミュニティの一体感で包まれた。

伊藤敬氏
日本オラクル Fusion Middleware事業統括本部 ビジネス推進本部 シニアマネジャー 伊藤敬氏
Nandini Ramani氏
Oracle バイスプレジデント Nandini Ramani氏

 現在、世界には900万人以上のJava開発者がいて、30億ものデバイスがJavaで稼働しているという。Javaは最も重要なオープンスタンダードのひとつであるのは間違いない。基調講演の前半はOracleのバイスプレジデントでJavaクライアント開発を担当するNandini Ramani氏がJavaの近況と今後の方向性などを語った。

 Ramani氏は「われわれのミッションはプラットフォームを統一すること」と言う。Java 8登場前はJava SE 7、組み込みデバイスを開発するための「CDC 1.1」、リソースが限られたデバイスを対象とした「Java ME(Micro Edition)」アプリケーション向けのフレームワーク「CLDC 1.1」があり、APIでは一部しか重なってない状態だったが、Java 8ではJava SE 8とJava MEで構成され、融合が進んだ。この先にはさらに融合が進むという。

 Java SE 8では性能や開発者の生産性も強化された。象徴的な新機能を挙げると、ラムダ式、デフォルトメソッド、ストリームAPIがある。すでに突入している“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”時代を強く意識しているのも特徴だ。Ramani氏は今後さらにIoTへの対応を進め、「どの規模、どのデバイス、どのマーケットでもJavaが使われることを目指す」と宣言した。

 途中でIoTの実例が2件示された。まずはNECのコミュニケーションロボット「PaPeRo」。技術的にはセンサを搭載したロボット(デバイス)と、クラウドで情報を収集して思考するという2層で成り立っている。ロボットのプラットフォームにはJava SEが使われているという。もうひとつがパナソニックの電子マネー決済端末。こちらは対人向けインターフェースにJava MEが採用されているという。

PaPeRo
PaPeRo

 Javaの将来はどうか。次期版となるJava 9ではGPUを制御する「Project Sumatra」があり、Intel 9シリーズを目指して着々と開発が進んでいるという。ほかにもJavaのモジュール化を進める「Jigsaw」、JavaでRIAを実現するための「JavaFX」を共同で開発する「OpenJFX」をキーワードに最適化や使い勝手の向上などが掲げられている。

ロードマップ
ロードマップ

 Ramani氏は「ホリゾンタルなプラットフォームを目指している」と話した。今後のロードマップとしてはJava ME Embeddedが2014年から2015年にかけて発表され、2016年にはJava 9(JDK 9)が登場することになりそうだ。イベント当日にはJava SE 8の日本語ドキュメントが発表された。

Cameron Purdy氏
Oracle シニアバイスプレジデント Cameron Purdy氏

クラウド上でJavaスタンダードを展開

 後半にはOracleのシニアバイスプレジデントでプロダクト開発を担当するCameron Purdy氏が登壇し、エンタープライズ領域に話を移した。

 2013年6月に「Java EE 7」が発表されてからほぼ1年。今後の方向性としてはクラウドを中心にJavaスタンダードを展開していくことを目指す。

 具体的なテーマは3つ。HTML5でウェブ層を拡張すること、標準DI(依存性の注入)機能であるCDIを調整して開発を簡便化すること、加えてクラウドへの対応である。ロードマップとしては2015年第3四半期にパブリックレビューを開始し、2016年第3四半期にファイナルリリースとなる見込みだ。

Java EE 8のロードマップ
Java EE 8のロードマップ
  • コメント(1件)
#1 かみゅ   2014-07-07 21:53:43
当日参加させていただきました。
今年はIoTネタやSE8ネタが多い印象。
来年(?)のJavaOneも楽しみです。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ