マルチコア時代のCPUリソースを有効活用--Java EE 7で進化した並列処理を理解する

森英幸
2013-06-05 10:58:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Concurrency Utilities for Java EEの利用方法

 Concurrency Utilities for Java EEの概要の説明に続き、寺田氏はその利用方法を紹介した。その大まかな手順は、次の3段階になるという。

  1. RunnableインターフェースもしくはCallableインターフェースを使ってタスクを実装(スレッドの返り値が必要な場合はCallableを使用)
  2. アプリケーションサーバで並列処理リソースの設定を実施(設定を省いてデフォルト設定を利用することも可能)
  3. サーバ側で設定したリソースをインジェクションして非同期タスクを実装
Java EE 7における並列処理の実装手順

 下の画像は、非同期タスクを実装するコードの例だ。ここでは、@Resourceアノテーションを使ってサーバのリソースをManagedExecutorServiceにインジェクションした上で、Runnable/Callableインターフェースで作成したタスクをsubmitメソッドで実行している。

非同期タスクの実装コードの例

 ちなみに、ManagedExecutorServiceの代わりにManagedScheduledExecutorServiceにリソースをインジェクションすると、タスクの実行タイミングを指定することが可能だ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]