オラクル、「Java EE」移行計画の最新状況示す--「Eclipse Foundationを選択」

「Java EE」テクノロジのオープンソース組織への移管を検討し、プロセスを改善しようと模索しているとしていたオラクルが、その最新の状況を明らかにした。同社のソフトウェアエバンジェリストは、「慎重な検討の結果、Eclipse Foundationを選択した」と述べている。 2017-09-13 20:18:00

オラクル、「Java SE」のリリースサイクルの変更など提案

オラクルが、「Java SE」のリリースサイクルの変更などを提案している。Java開発者らの作業をより容易にすることが目的だ。 2017-09-07 10:30:00

WebSocketを使える主なWebサーバとその実装状況

今回はWebSocketプロトコルをサポートする主なWebサーバと、本稿執筆時点での実装状況を紹介したい。取り上げるのは、Jetty、jWebSocket、node.js、Grizzlyだ。 2012-01-12 09:30:00

Eclipseプロジェクトによって開発された新言語「Eclipse Xtend」

Eclipse Foundationが、DSL開発を容易にするための「Eclipse Xtext」の成果物として、新言語「Eclipse Xtend」を公開している。今回はこのEclipse Xtendを解説しよう。 2011-11-22 17:01:00

グレープシティ、チャートコンポーネント「WebCharts3D 5.3J」

グレープシティは5月10日、Java EE向けのチャートコンポーネント「WebCharts3D 5.3J」を発表した。2011年6月23日に販売を開始する。 2011-05-10 15:57:00

エスエムジー、Javaシステム向け品質診断ツール最新版--対応環境を拡大

エスエムジーは4月8日、Javaシステムの品質診断、改善ツールの新版となる「ENdoSnipe」バージョン4.6の提供を開始した。 2011-04-08 17:52:00

Apache財団、Java SE/EE Executive Committeeを脱退--オラクルへの不満示す

オープンソースソフトウェアプロジェクトを支援するApache Software Foundationは米国時間12月9日、Java SE/EE Executive Committeeを脱退したことを明らかにした。 2010-12-10 13:37:21

SMG、診断ツール「ENdoSnipe ver.4.5」を発表--問題点を「見える化」

SMGは、システム診断ツールの新版「ENdoSnipe ver.4.5」を2010年7月中旬に出荷する。障害検出やレポート機能を強化するとともに、Linux、Windows、Solarisにも対応する。 2010-07-02 22:06:03

日本プログレス、ESB最新版--RESTfulなWebサービスに対応

日本プログレスは、ESBの最新版となる「Progress Sonic Enterprise Service Bus(ESB)8.0」の提供を開始した。ソフトウェアアーキテクチャの「REST」をインテグレーションでサポートしている。 2010-05-13 18:41:58

「Javaの生みの親」ゴスリング氏、オラクルを退職

Javaの共同発明者であるジェームス・ゴスリング氏は、オラクルが同氏の長年の雇用主だったサン・マイクロシステムズを買収した数カ月後、オラクルを去ることになった。 2010-04-12 11:31:06

ISID、Google App Engine向けOSS開発フレームワーク「Slim3」の商用サポートを開始

電通国際情報サービスは4月7日、Google App Engine for Java上でのアプリケーション開発を効率化するオープンソースフレームワーク「Slim3」の商用サポートサービスを開始すると発表した。 2010-04-07 18:02:06

グレープシティ、JSPやJSFに対応するJava入力コンポーネント「InputMan」新版を発売

グレープシティは、Java EEシステム向けの入力フォーム用コンポーネント「InputMan for Java EE 2.0J」を発表した。 2010-02-17 15:49:03

新着特集

新着ブログ

新着コメント
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ