待望の正式版Grails 1.0

原井彰弘
2008-02-06 11:39:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 G2OneとGrails開発チームは2月4日、Groovy向けWebアプリケーションフレームワーク「Grails 1.0」をリリースした。

 GrailsはJavaで実装されたスクリプト言語「Groovy」上で動作するWebアプリケーションフレームワーク。Spring、 Hibernate、SiteMeshなど既存のJavaの技術を利用して、命名規約ベースでスピーディにウェブアプリケーションを開発することが可能だ。

 今回リリースされた新バージョンは、4回にも渡るリリース候補版の発表の末にリリースされた正式版。前回のリリースと比較して大きな新機能は追加されていないものの、数多くの問題が修正されている。

 「Grails」という名前は、明らかにRubyで動作するフレームワーク「Ruby on Rails」を意識して付けられたものである。しかし、開発者の一人であるGraeme Rocher氏が以前に自身のブログの投稿「Grails 0.6 Released with Rich Conversation Support (AKA Spring Web Flow)」で述べていたように、Grailsは単にRailsをJavaに移植したというわけではなく、Javaの機能を積極的に活かしてRailsとは異なった独自の進化を遂げている。今回の正式版のリリースを経て今後どのように成長していくのかも注目されるだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ