EJB3とJSFをシームレスに統合したJBoss Seam 2.0.1.GA

中沢雅志
2008-02-04 11:20:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JBossは1月30日、JBoss Seamの最新版となるJBoss Seam 2.0.1.GAをリリースした。

 JBoss Seamは、AjaxやJSF(JavaServer Faces)、EJB3.0(Enterprise Java Beans)、Javaポートレット、BPM(Business Process Management)などの技術を統合するWebアプリケーションフレームワーク。アーキテクチャやAPIレベルの複雑性を排除するように設計されており、開発者はシンプルなPOJO(Plain Old Java Objects)、コンポーネント化されたUIウィジェット、そしてわずかのXMLで複雑なアプリケーションを構築することができるとしている。

 今回リリースされたJBoss Seam 2.0.1は、JBoss Toolsの最新バージョンで動作し、Seamアプリケーションの構築、visual page editor、JSFサポート、Faceletsサポート、JBoss ASサポートなどを提供する。

 今回のリリースでの変更点としては、URLRewriteによるクリーンURL、既存エンティティに対するアプリケーション生成、JBoss Tools最新版のサポート、PDF生成に関する改善、JBoss 5最新版での動作サポートなどが挙げられる。

 詳細に関しては、プロジェクトメンバーであるNorman Richards氏のブログ、In Relation TO...にて言及されているので、参照して頂きたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ