Java向けデータベースバージョン管理ライブラリLiquiBase Core 1.5.0

原井彰弘
2008-01-31 12:06:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LiquiBaseプロジェクトは1月29日、Java向けのデータベースバージョン管理ライブラリ「LiquiBase Core 1.5.0」をリリースした。

 LiquiBaseは、Javaで動作するデータベースのバージョン管理ライブラリ。LiquiBaseを利用するとデータベースに対する変更がすべてXMLファイルとして記録されるため、ソースコード管理システムでデータベースの変更を管理できるようになる。同様のツールはほかにも多数あるが、複数の開発者間で変更をマージできることや、コードブランチを利用した開発が行えることなどが、LiquiBaseの特徴だとしている。さらに、各種IDE向けのプラグインが用意されているのも特徴で、これらを用いるとデータベースのリファクタリングを簡単に行うことができるという。

 今回リリースされたのは、LiquiBaseの中核となるプロダクト「LiquiBase Core」。新バージョンでは、Antタスクのサポートが拡大され、コマンドラインで実行できることはほぼすべてAntタスクとしても実行できるようになった。また、データベースオブジェクトがはっきりしない場合に用いられる「デフォルトのスキーマ名」を設定することが可能になったほか、新たにコマンドがいくつか追加された。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ