JSPでの開発プロセスを迅速に--JSPインタプリタJSP Weaver 1.0

中沢雅志
2008-01-24 17:43:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZeroTurnaroundは1月22日、JSPインタプリタのJSP Weaver 1.0をリリースした。

 通常、JSPはデプロイされる段階で、Javaソースコード生成、Servletへのコンパイルが行われるが、JSP Weaverを利用することで、JSPマークアップはオンザフライで解釈され、Javaソースコード生成とServletへのコンパイルプロセスを取り除くことができる。

 JSP Weaverは、大量のJSPを用いたJ2EEアプリケーション開発におけるターンアラウンドタイム削減を目的としたユーティリティ。JSP開発におけるリロード時間を、数十秒から数ミリ秒に削減できるとしている。

 今回の最終版リリースでは、パフォーマンスと安定性の改善が行われており、一般的な構文、XML構文、そしてJavaScriptを含む完全なJSP標準をサポートしている。

 製品のインストールは容易で、jspweaver.jarファイルをWEB-INF/libにコピーし、下記のようにweb.xmlを更新するだけでよい。

  
    weaverServlet
    
    com.zeroturnaround.jspweaver.JspInterpretingServlet
    
    1
  

  
    weaverServlet
    *.jsp
  

 本製品は商用だが、ダウンロードページから21日間の利用制限があるフリートライアル版をダウンロードすることができる。

 対応するJ2SE、EEおよびアプリケーションサーバについては、JSP Weaver Featuresを参照して頂きたい。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ