Java/XMLベースのコンテンツ管理システムApache Lenya 2.0

中沢雅志
2008-01-15 19:19:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Lenya development communityは1月11日、Apache LenyaのメジャーアップデートであるApache Lenya 2.0をリリースした。ライセンスはApache License 2.0。

 Apache Lenyaは、Java/XMLベースのコンテンツ管理システム(CMS)。バージョン管理、サイトマネジメント、スケジューリング、検索機能、WYSIWYGエディタ(BXEKupu)、ワークフロー機能を備えている。コンポーネントベースのWeb開発フレームワークであるApache Cocoonをベースに開発されており、Cocoonの特徴であるrobust cachingやマルチチャンネルアウトプットなどが利用可能である。

 今回のリリースでは、アーキテクチャをモジュール化し、APIと実装の分離が行われたことを始め、ストレージとコンテントモデル、Webサイトマネジメントを含め、数多くの機能追加、向上が図られている。詳細はApache Lenya 2.0のリリース情報を参照して頂きたい。

 Apache Lenyaのサイトでは、Apache Lenya Screenshotsが公開されており、サイトマネジメント、WYSIWYGエディタのデモ画面が見られるほか、オンラインデモンストレーションも用意されている。

 動作には、J2SE 1.4.2以降が必要であるが、、1.6系では動作に制限があるので注意が必要だ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]