JavaでMicrosoftのファイルを操作するライブラリ「Apache POI 3.0.2 BETA2」リリース

原井彰弘
2008-01-16 21:40:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Apache Software Foundationは1月12日、Microsoft製ソフトウェアのファイルにアクセスするためのJavaライブラリ「Apache POI」の新しいバージョン「Apache POI 3.0.2 BETA2」をリリースした。

 Apache POIは、WordやExcelなどのMicrosoft製ソフトウェアで用いられているファイルへのアクセスを行うJavaライブラリ。通常、プログラミング言語からこれらのファイルを操作する場合はOLE 2を介して行うが、Apache POIはピュアJavaで実装されており、ファイルに直接アクセスしてデータの読み取りや書き込みを行えるのが特徴だ。現在、Microsoft Excel、Microsoft Word、Microsoft PowerPoint、Microsoft Visio、Microsoft Outlookに対応している。

 今回リリースされた新バージョンでは、PowerPointの表を新たに扱えるようになったほか、Excelの関数がいくつか追加でサポートされた。また、Outlookでfromフィールドの値を取得できるようになった。

 なお、ベータ版のリリースはこれが最後で、次には最終版がリリースされる予定であるそうだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]