Ruby on Rails 2.0に対応したJRuby 1.0.3:互換性のリスクは低

荒浪一城
2007-12-17 21:12:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JRubyコミュニティは12月15日、RubyのJava実装である「JRuby」の新バージョン「JRuby 1.0.3」をリリースした。ライセンスは、CPL、GPL、LGPLのトリプルライセンス。

 JRubyは、Ruby1.8.5のRubyインタプリターと互換性がある、Javaで実装されたソフトウェア。JakartaプロジェクトのBean Scripting Framework(BSF)を用いており、Javaアプリケーションからスクリプト言語へのアクセスをサポートする。また、スクリプト言語から、Javaオブジェクトやメソッドへのアクセスも同時に提供するフレームワークだ。

 JRuby 1.0.3は、安定した1.0系のブランチにおけるリリース。このリリースにおける修正は、Rubyとの互換性において低リスクであると捉えられている。

 今回のリリースでは、Ruby on Rails 2.0への対応、Mongrelに伴うシグナルハンドリングに関する修正、YAMLの問題など28項目が修正された。