Javaウェブアプリフレームワーク「Apache Wicket 1.3.0-beta4」リリース

荒浪一城
2007-10-14 16:23:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月11日、「Apache Wicket 1.3.0-beta4」がリリースされた。今回のリリースは、4番目のベータバージョンとなる。以前のバージョンよりも120を超えるバグやTODOリストをこなしたものになる。

 Apache Wicketは、コンポーネント指向のJavaウェブアプリケーションフレームワーク。サーブレットを利用するための設定ファイル「web.xml」が唯一利用されるXMLファイルとなり、HTMLとJava(POJO)によってウェブアプリケーションが構築可能であるという特徴的なフレームワークだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]