Apache Tuscany、SCA Java 0.99-incubatingをリリース

原井彰弘
2007-08-31 19:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Tuscanyプロジェクトは31日、Java SCAプロジェクトの新しいバージョン「Apache Tuscany SCA Java 0.99-incubating」をリリースした。

 Apache Tuscanyは、SOA技術の仕様の一つであるSCA(Service Component Archetecture)の実装を行うプロジェクト。サブプロジェクトであるJava SCAプロジェクトは、Tuscanyの中核となるプロジェクトであり、サービスを構成する際にプログラミング言語に依存しないサービス指向のモデルを定義する。仕様はSCA specification 1.0に準拠している。

 今回のリリースでは、より忠実にSCA specification 1.0へ準拠するようになったほか、分散SCAドメイン、SCAポリシーなどへのサポートが追加された。また、起動時間が短縮されてメモリの使用量も削減されたほか、多数のバグの修正も行われた。

 今回のリリースは、最終リリースである1.0の前段階のリリースとなる予定である。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]