デザインやコードの修正依頼でトラブルを回避するポイント

たにぐちまこと(H2O Space.)
2008-07-29 20:10:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーやマークアップエンジニアへのチェックバック

 納品されたものが要求にあっていなかったり、クライアントから修正を依頼される場合がある。

 仲間にデザインやHTMLコーディングをお願いしていて、こうしたケースが発生した場合は、口頭や電子メールでいい加減に修正を依頼してしまうと、うまく伝わらずに何度も何度もやり取りをする羽目になってしまう。

 伝えるべきことはしっかりと伝え、漏れのないように対応してもらおう。

 デザインやHTMLのチェックバックでよく利用されるのがFAXだ。印刷したデザインなどに赤ペンでチェックを記述して、FAXで送付する。しかし、FAXは画質が非常に悪い上に手書きの文字は読みにくく、見落としや誤解が発生しやすい。

 そのため、こんなツールを利用すると良いだろう。

 Adobe Acrobatは言わずとしれたPDF作成ソフトだが、実はデザインなどのチェックバックにも最適なのだ。

 デザインをAcrobatで読み込み、PDFファイルに変換する。その後、[ツール][注釈]メニューを利用しよう。PDFに、自由にメモなどを追加することができる。ノートや、赤枠、矢印なども利用することができるため、気になった部分などを細かく書き込むと良いだろう。

 このPDFをデザイナやマークアップエンジニアに送付する。

Adobe Acrobatを使えばデザインにノートなどを追加できる Adobe Acrobatを使えばデザインにノートなどを追加できる

 一見するとPowerPointで記述したり、FAXで送付するのとそれほど変わらないように見える。しかし、Acrobatの注釈機能は非常に便利なのだ。まず、受け取る側にAcrobatがなくても、無料で入手できるAdobe Readerで開くことができる点が挙げられる。Adobe Readerはほとんどの環境で利用できる電子文書ビューアであることは、builderの読者であればご存じのことだろう。

 さらに、Adobe ReaderでPDFを展開すると、書き込まれた赤枠などが再現されるのはもちろん、[表示][ナビゲーションパネル][注釈]メニューを選ぶと、書き込まれている注釈を一覧することができるのだ。

Adobe Readerで注釈を一覧できる Adobe Readerで注釈を一覧できる

 これならチェックを見落としてしまうことがない。

 PDFに注釈を入れることができるソフトは、Mac OS Xの「プレビュー」などいくつかある。自分の使い勝手にあったものを選ぶと良いだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ