IE8が対応したCSS 3とベンダープレフィックス

エ・ビスコム・テック・ラボ
2009-06-11 20:47:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IE8が対応しているCSS 3のプロパティは以下のようになっている。このうち、IE8が新規にサポートしたのはbox-sizingプロパティで、他のプロパティは古いIEからサポートされていたものだ。

 なお、box-sizingとルビ関連のプロパティは勧告候補(Candidate Recommendation)に記載されているので「-ms-」はつけずに記述するようになっているが、それ以外のプロパティは草案(Working Draft)に記載されているため「-ms-」をつけて記述する。

IE8が対応したCSS 3の機能
プロパティ機能IEの対応
box-sizingボックスサイズ関連IE8で新規対応
ruby-alignルビ関連古いIEから対応
ruby-overhangルビ関連古いIEから対応
ruby-positionルビ関連古いIEから対応
-ms-word-break改行関連古いIEから対応
-ms-word-wrap改行関連古いIEから対応
-ms-text-justify行揃え関連古いIEから対応
-ms-text-align-last行揃え関連古いIEから対応
-ms-overflow-xオーバーフロー関連古いIEから対応
-ms-overflow-yオーバーフロー関連古いIEから対応

IE8が対応したCSS 3の草案に未採用の機能

 IE8が対応しているプロパティにはCSS 3の草案(Working Draft)に未採用のものもある。これらの多くはWorking Draftよりもさらに前の段階のEditor's Draftにおいて提案・検証作業が進められているが、Editor's DraftはW3Cによって内容が保証されたものではなく、任意に更新・変更が行われるため、正式なものとして参照・引用するのは適切ではないとされている。

 そこで、Working Draftに未採用でIE8が対応しているプロパティを以下の表にまとめた。古いWorking Draftでは採用されていたものの、検証が不十分などの理由で最新のWorking Draftから除外されたプロパティもこちらに含めてリストアップしている。いずれも実験的なサポートや独自拡張という位置づけになるため、「-ms-」をつけて記述する。

 なお、-ms-block-progressionはIE8が新規にサポートしたプロパティで、それ以外のプロパティは古いIEからサポートされていたものとなっている。

IE8が対応したCSS 3の草案に未採用の機能
プロパティ機能IEの対応
-ms-block-progression書字方向関連IE8で新規対応
-ms-writing-mode書字方向関連古いIEから対応
-ms-line-breakテキスト関連古いIEから対応
-ms-text-autospaceテキスト関連古いIEから対応
-ms-text-overflowテキスト関連古いIEから対応
-ms-overflowテキスト関連古いIEから対応
-ms-text-kashida-spaceテキスト関連古いIEから対応
-ms-text-underline-positionテキスト1古いIEから対応
-ms-background-position-x背景関連古いIEから対応
-ms-background-position-y背景関連古いIEから対応
-ms-layout-gridグリッド関連古いIEから対応
-ms-layout-charグリッド関連古いIEから対応
-ms-layout-lineグリッド関連古いIEから対応
-ms-layout-modeグリッド関連古いIEから対応
-ms-layout-typeグリッド関連古いIEから対応
-ms-acceleratorその他古いIEから対応
-ms-interpolation-modeその他古いIEから対応
-ms-behaviorその他古いIEから対応
-ms-filterその他古いIEから対応
-ms-ime-modeその他古いIEから対応
-ms-zoomその他古いIEから対応
-ms-scrollbar-〜その他古いIEから対応

 次回はIE8が対応しているCSS 3の機能の中から、新規にサポートしたbox-sizingプロパティと、古いIEでもサポートされていたルビ関連の機能について紹介する。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]