builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

IE8が対応したCSSと標準規格

エ・ビスコム・テック・ラボ
2009-03-25 14:26:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSS 3のサポート

 IE8のCSS 3サポートに関しては、残念ながらほとんど手つかずの状態だ。新規に対応したCSS 3のプロパティは、横幅の算出方法を指定するbox-sizingだけとなっている。

 また、ルビなどのようにIEがバージョン8以前から対応しているCSS 3のプロパティは、IEがバージョン5や5.5の時代に独自に対応し、後からCSS 3の標準規格に組み込まれたものが多く、他のブラウザが対応を進めているCSS 3の機能とは少しずれている状況にある。

 そのため、CSS 3やWeb 2.0への対応具合をチェックする「Acid3 Browser Test」への合格も、現状ではほど遠い。

 FirefoxなどのブラウザがCSS 3のサポートを進めている中で、IE9までサポートを待たなければならないとすれば、IE8もまたウェブの足をひっぱる存在になってしまうかもしれない。

IE8のAcid3 Browser Testの結果。テストが途中で止まってしまう(画像をクリックすると拡大します) IE8のAcid3 Browser Testの結果。テストが途中で止まってしまう(画像をクリックすると拡大します)
Acid3 Browser Testに合格したSafari 4(ベータ版)でのテスト結果(画像をクリックすると拡大します) Acid3 Browser Testに合格したSafari 4(ベータ版)でのテスト結果(画像をクリックすると拡大します)

 IE8が対応したCSSと標準規格については以上だ。次回からはIE8のレンダリングモードや修正されたバグ、新規に対応したCSS 2.1やCSS 3の各機能について細かく確認していきたい。

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]