builder by ZDNet Japanをご愛読頂きありがとうございます。

builder by ZDNet Japanは2022年1月31日にサービスを終了いたします。

長らくのご愛読ありがとうございました。

トップページにみる日本のウェブデザイン--Yahoo! Japanは「社会の縮図」

冨田秀継(編集部) 長谷川恭久
2008-08-07 21:21:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データの説得力

 ポータルサイトのトップページは、複数存在する自社サービスの担当部署や広告主との関係を保ちつつ、主役である利用者と良い関係を築かなくてはいけません。利用者とひとことで言ってもリテラシーは幅広く、運営側が良いと判断して導入した機能やサービスが、利用者にとって「使い難い」という結果になることさえあります。

 つまり、ひとつの情報を動かしたり調整をするだけでも、大変なプロセスになることがあるのです。特に今回のリニューアルのように大幅な変化を伴う場合、海外版のYahoo!の見た目を継承するだけでは解決しない課題がいくつか出てきます。

 何をするにもまず、可能な限りデータを収集して分析することが必須であると、Yahoo!トップページ企画に所属する西田修一氏は話しています。20〜30ほどアイデアが挙がったトップページの中から、8つのデザイン案をユーザーテストにかけ、アイトラッキングやインタビューを通じて得た情報を元にして、何が必要なのか、そして何が改善要素なのかをじっくり検討したそうです。

 こうして集められたデータはトップページを形成していくために重要な資料になると同時に、他サービスの担当者への説得材料としても不可欠な存在です。

 例えばページ左にあるサービス一覧は、海外ではアルファベット順ですが、日本版ではデータを元に利用者がよく使うサービスを順に表示しています。

 リニューアル前に表示されていたサービスがリニューアル後には下に移動していたり、表示されていないものも出てきます。また、日本では海外のYahoo!よりも多くのサービスを展開しているので、すべてを平等に上に表示させるのは不可能です。

日米のサービスリストの比較 アルファベット順ではあるが、使う頻度によってテキストの大きさが変わるようになっている米国のサービスリスト(右)。日本は人気サービスを上から順に並べるという形式をとっているが、お気に入りサービスを追加できるカスタマイズ機能を実装している

 こうした変化は利用者だけでなくサービス担当者からも不満の声が挙がる可能性があるわけですが、ユーザーテストやアクセス解析から出たデータが意志決定する上で強い味方になります。

ブログの新規登録は、2021年12月22日に終了いたしました。

folllow builer on twitter
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]